アマゾンとヤフオクを使うメリット・デメリット

仕入れてきた物や所有物を売ろうと思っても、
今は沢山の販売サイトがあり、迷われるかもしれません。

商品を販売する際に、ざっくり分けると、
「アマゾン」と「ヤフオク」が現在も主力となっているので、

今回は、アマゾンとヤフオクを使うメリットデメリットについて書いていきます。
 

まず、どちらを使っていただくにしても良い所は、
・資格も経験も必要ない
・24時間稼働してくれている
・実店舗を持つ必要がないので、初期費用がかからない

これだけでも、お金で換算できないほど素晴らしい所だと思います☆
 

アマゾンのメリット
・知名度が高く顧客が沢山いる
・出品作業がスムーズにできる
・月に2回、お金が振り込まれる

今やインターネットで買い物をしたことがない人の方が少なくなりつつあり、
誰しも1度は、ネットショッピングをしたことがあると思いますので、
アマゾンは顧客が沢山いて、出品した物が比較的よく売れるので主力サイトになります。

出品する際に、アマゾン側に商品のカタログが登録されているので、
普段仕入れで行っているバーコードを読み取っていただき、
コンディションの説明を書いて、値段を決めるだけで出品が完了し大変スムーズです。

基本的に勤められている方は月に1回の給与ですが、
アマゾンでは基本的に14日に1回振込がありますので、月に2回給与があることになります。
 

アマゾンのデメリット
・手数料がヤフオクより高い
・自分で発送する場合、注文を受けて2日以内に発送しないといけない

アマゾンはジャンルごとに手数料が違ってきて、
本、CD、DVDだと15%も手数料がかかるのでヤフオクより高くなります。

またアマゾンには自己発送とFBA発送があり、
自分で発送する自己発送の場合は注文を受けて2日以内に発送通知しないと
マイナスポイントを貰うことになってしまいます。
 

 

ヤフオクのメリット
・出品できる商品の幅が広い
・手数料がアマゾンより安い
・人対人の取引なので融通が利く

基本的にガイドラインに違反していなければ何でも出品することができ、
状態が悪い商品、全て揃ってない欠品商品、故障している商品であっても大丈夫です。
何でも良いので、自分の家にある物を売っていただければ、
「出品→発送→入金。」といった一連の流れを経験することができるのでオススメです。

ヤフオクの場合、毎月498円と落札価格の8.64%が手数料となっており、
アマゾンとは違い、どんな商品を売っても一律8.64%なのが魅力的ですね。

例えば用事や急用で、お客様に荷物を届けるのが遅れてしまう事があった場合に、
取引画面でその旨を伝え、お客様も理解してくださるので融通が利いて良いです。
 

ヤフオクのデメリット
・出品時に写真を撮る必要がある

出品時に写真を掲載しなくてはいけませんが、
今はスマホで簡単に撮れてUPできますので、
正直、デメリットの部分は思いつかないですね(笑)
それぐらい、優れている便利な主力サイトです☆

どちらのサイトを使っていただいても、
稼ぐことはできますので利用してみて下さい!

PS .

私自身、アマゾンで出品することからセドリを始めましたが、
現在は、ヤフオクで出品することも多く、半々ぐらいで使用していますね。
また、ヤフオクを利用するとハピタスのポイントも貯まるのでヤフオクが好きですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です