買取業者、ネット販売の使い分け方

 

こんにちわ、仲川です。

気持ちよく寝ていたのに、
こんなアナウンスで起こされた経験はないでしょうか?

『要らなくなったぁ~冷蔵庫、洗濯機、ミシン、パソコン、カラーテレビ
ファックス、電話などぉ~、壊れていても無料で回収いたしますぅ~♪』

 

そうです。
『タケヤ~サオダケ~』
と並び、昭和感漂う不用品回収車によるアナウンスです  (笑)

 

近年、「断捨離」や「◯◯離れ」が流行っていますが
誰しも家の中に何かしらお金に変えられる物があると思われます。

 

今日は、不用品をお金に変えるための3つの方法を書いてみます

 

・店舗に足を運び買い取っていただく

店舗に持って行く手間と労力はかかりますが、
もっとも素早くお金に変えれる方法ですね。

また多くの店舗は物にもよりますが、出張買取もやってくれますので、
電話1本で現金化することができます☆

便利な反面、買取価格が安くなってしまうのがネックになります。

 

・フリマアプリを使ってお手軽に売る

フリマアプリで有名なメルカリを使います。

初心者の方でも1商品あたり10分もあれば出品することが可能なぐらいお手軽です。

売りたい物をスマホのカメラで撮り、
商品の説明などを書いて売ります。

たったコレだけで出品から販売までがスマホ1つで完結いたします☆

まったくもって、凄い時代です。

 

・Amazonやヤフオクに出品する

私も初めての時はすごく面倒くさいと思っていましたが実際はとてもカンタンでした。

ヤフオクの場合、毎月498円と落札価格の8.64%が手数料としてかかりますが
買い取りに比べてがかなり低い金額となっています。

Amazonの場合、小口出品と大口出品が選べます。

小口出品は1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料
大口出品は月間登録料4,900円+注文成約時にかかる販売手数料

月に50商品以上売れない場合、小口出品からで大丈夫ですし、
徐々に売れ行きが上がりだしてから大口出品に変更することも可能です☆

 

さっそく家にあるものを現金化して行きましょう!

 

P S.  約10年前に2度ほど不用品回収車を利用したことがあります。

当時、頼んだ業者のポスティングチラシを保管しており、
ふつう捨てるであろうチラシを保管していた理由は、

壊れていても無料で回収してくれる点と、
電話をして家の前に処分する物を置いておくだけで、
持って帰ってくれると言う点が気に入り残しておりました。

それで約10年前に壊れていた、黒々しくて重い28型ブラウン管テレビと
ビデオデッキが邪魔だったので利用しました。

前回のときと同様に、2回目も壊れた洗濯機と電子レンジもお願いしました。

物が大きくて壊れたものは、お金にかえにくいので、非常に助かりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です