中古商品を仕入れる際のメリット・デメリット

前回は、「新品商品を仕入れる際のメリット・デメリット」を紹介しました。
新品商品を仕入れる際のメリット・デメリット

今回は「中古商品を仕入れる際のメリット・デメリット」を書いていきます。

車は新車じゃないと買わないという人もいれば、
特別こだわりもないので、費用面的に中古車を選択する人もおり、
乗りたい車が既に生産されてなく、中古でしか出回っていないため中古で買う人など。

いろんな人がおられるのと同じで、
セドリを行っていく上でも、中古の商品だから稼げて、新品の商品だから稼げない。
ということはなく、どちらからでも稼ぐことは可能です!

 
メリット
・仕入れ値が安い
・利益率が高い
・値崩れが起こりにくい
・差別化できる
・希少な品やプレミア品が見つかる

新品の商品を購入するより、仕入れ資金がかからず初期投資費が抑えられます。

中古商品の場合は、状態が全て異なる1点物となっており、
新品商品より値崩れも起こりにくくなっています。

また商品説明や画像を工夫することにより、
ライバルと差別化することが可能になってきます。

生産、製造、出版などが終了している商品は希少価値が高くなり、
プレミア商品や高利益になる商品を販売することができるのが魅力的です。

 

デメリット
・出品、検品作業に時間がかかる
・クレームや返品になる可能性がある

中古商品の場合は、状態が全て異なっているため、
商品の汚れ具合などを確認する必要がございます。

ある一定数のクレームや返品が出てきてしまうのは仕方がありません。

しかし、回数を重ねると、お客様対応能力も身についてきますし、
商売をしている責任感も出てくるので非常にタメになります☆

新品商品・中古商品、どちらの良いところも吸収しつつ、
利益を上げれるようになればベストですね。

初心者や未経験の方は、どちらか1つに絞って始められるのをオススメします。

参考にしてみてください!

PS .
店舗仕入れをしていて、
セドリ史上初の「1円+税。」という値札のDVDに遭遇してしまい(笑)
迷わずカゴに入れて、その他数十点をお会計したところ…

結局。値段の貼り間違えで「1円+税」の商品を購入する事はできず幻となりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です